ブログ

伊勢神宮(御垣内参拝と特別太々神楽)

先日久しぶりに伊勢神宮に行ってきました。

 

 

いつ訪れても空気が澄み切っていて、とてもとても気持ちの良い場所です。

 

歩いているだけで身体中が浄化されていくような感覚。

普段暮らしている場所とは別世界の清らかさです。

これをご神気というのでしょうか。

 

今回で3回目になる御垣内参拝特別太々神楽奉納をしてきました。

 

毎回不思議なんですが、御垣内参拝中もお神楽の演舞中もお願い事が浮かばないのです。

終わった後に「あ・・また今回もお願いできなかった。」となってしまうのです。何故なんでしょうね。

その前にはあれもお願いしたい、これもお願いしたいと考えていたはずなのに。

只々感謝しか思い浮かばないのです。残念~。

にも拘わらず身体をチューニングしていただいた様な心地よさ。

 

やはり場がそうさせるのかもしれません。

 

 一般的にお参りする賽銭箱の前だとあれもこれもお願いができるのに、御垣内に入った途端、余りにも聖域でそんなことが出来なくなってしまうのかもしれません。(私だけかもしれませんが

 

来月(12/8)ですが、事務所が手狭になってきたので引っ越しをすることになりました。

そのこともあっての伊勢神宮参拝でした。

 

帰りには可愛い鈴守りを買ってきました。

外宮でしか手に入らない勾玉型のお守り。

 

 

 

余談ですが、御垣内参拝の前に御帷の前に行ったとき、さぁ~っと風が大きく吹き、白い帷が大きくこちらに上がりました。

 

 

 

こ、これは『神風』に違いありません。

 

この帷は神様の世界と私たちの世界との境界線。

この帷が上がるということは神様が歓迎している証拠だと言い伝えられています。

自分の方に上がると『神風』といい、願い事を叶えてくださる。

向こう側に上がると『願い風』といい、神様に願い事が届いた印。

 

信じるか信じないかは貴方次第です。

 

この後私の敬愛する鄭東珠画伯の絵をお神楽殿で発見!

その話はまた後日に。

 

 

断熱塗料「ガイナ」と台風地震対策の屋根材接着工法「ポリフォーム」でおなじみのコンシャスからの発信です。

資料請求、ショールーム予約、お見積もり、ご相談など、各種お問い合わせはこちら