マクサム

コンクリートを守る浸透性吸水防止剤~世界遺産エジプトのピラミッドからJR新幹線まで~

マクサム(MAXAM)とは

コンクリート・石材等劣化・給水を防ぐ 塩害・凍害・アル骨反応・中性化防止に

マクサムは、珪酸アルカリの複合化合物と高反応触媒を主成分とするAタイプと、シロキサン複合エマルジョン化合物を主成分とするEタイプの2種類に分かれ、共にコンクリート、各種石材、レンガ、タイル、セメント質系二次製品等に適用する浸透・反応性、無機質・劣化・吸水防止剤です。
コンクリート、石材等の基材中の遊離アルカリ、シリカ質と反応して、基材内部の空隙を疎水性無機質結晶で充填し、恒久的なシーリングと防水性をもたらします。
コンクリート、石材等の基材に塗布又は浸漬することにより、表面を緻密にし表面強度を増し、酸性雨、汚染化学物質等に対する耐性を高めます。

マクサム(MAXAM)の特長

POINT01優れた浸透性と防水性
マクサムは無機質溶液で粘度と表面張力が水より小さく、対象物に深く浸透し、疎水層を作り強力な吸水防止効果を発現するもので、造膜して撥水するタイプのものと比べて、特に耐久性と対汚染性に顕著な差があります。
POINT02外観の維持と耐久性
躯体表面に塗膜を形成しないので塗布後の外観を損なわず、浸透した後、形成された疎水層は、熱や温度変化、紫外線の影響を受けません。脆弱化したコンクリートの表面引っ張り強度を20%前後向上させます。カビ、苔の繁殖を防ぎ大気中の煤煙、汚染物等の付着を小さくし、エフロレッセンス(白華現象)の防止効果があります。
POINT03コンクリート、石材等の劣化防止
対象基材中に生成された疎水結晶により、劣化の原因となる雨水等の浸入を防ぎかつ基材中の遊離アルカリを安定無機質化合物に変えることで、中性化を防ぎます。すでに中性化が進んでいる対象基材を高アルカリ性のマクサムAタイプで処理することでアルカリ性が回復します。
POINT04自然環境に対処
マクサムで処理されたコンクリート・石質は、緻密な疎水層によって水の浸入を防ぎ、中性化、塩害、凍害を防止し、コンクリート構造物、石材等の耐久性、安定性を大幅に向上させます。

製品種類

A-100
外壁、床面、地下ピット等の裏面又は内側から水が表層から浸み出るのを防ぎます。石材裏面処理又は塗装下地の表面処理(プライマー塗装前)をする事によって表面への浸み出しや、塗料と躯体との界面剥離を抑制し塗料を長持ちさせます。塗料の接着力を低下させることはありません。
A-200
躯体表層の劣化防止、劣化回復、汚染防止、クラックからの滲水防止、エフロ防止、吸水防止に効果があります。脆弱化したコンクリート、モルタル、石材の表層の引っ張り強度を向上させます。
E-70
E-70は高い浸透性と耐アルカリ性をもつエマルジョンタイプの浸透性、劣化・吸水防止剤で緻密な、コンクリート、PC板、及び吸水率の低いタイル、レンガ等にも適用可能で、風合いを変えずに、対象基材の吸水、劣化を防止します。又、エフロ発現抑止効果に非常に優れています。

マクサム(MAXAM)の特性例

A-100 A-200 E-70
主用途 塗装・補修下地強化、吸水エフロ防止 撥水性躯体強化、吸水エフロ防止 撥水性吸水、劣化エフロ防止
主成分 ケイ酸アルカリ金属化合物 + 高反応触媒 シロキサン複合化合物
粘度 3cP 3mPa・s 5cP 5mPa・s 3cP 3mPa・s
比重 1.03 1.05 0.95
有効成分 16Wt% 21Wt% 18Wt%
危険物区分 消防法に該当しない
保存安定性 12ヶ月 6ヶ月
接触角 93° 95° 95°

マクサム(MAXAM)使用上の注意事項

用途
劣化防止・吸水防止・中性化抑制・アルカリ性付与・撥水性付与・美観維持・汚染抑制・ヘアクラックからの漏水防止・ヘアクラック発生低減・表面緻密化・カビ、コケ着性防止・エフロ防止・凍害抑制・裏面からの仕上材剥離防止・被りの薄い鉄筋コンクリートの爆裂防止・石材の表面及び裏面からの汚染防止。
対象基材
コンクリート・天然石材・人工石材・モルタル・レンガ・漆喰・PC・セメント質系製品・セメント目地・ALC等。
施工方法

表面調整
基材面のゴミ、汚れ、油脂類、塗料、レイタンス等は、高圧洗浄等を行い取り除いてください。

塗布
ローラー、ハケ等を使用して下から上へしごき上げるように連続追っかけ2回塗布します。
マクサムは反応が速いので素早く同じ施工部位に連続追っかけ2回で規定量を塗布します。
適切な基本的塗布量は飽和量です。コンクリート製品の場合通常マクサム1リットル当たり4~5㎡、1㎡当たり0.20リットル~0.30リットル
(基材、劣化度合による)程度です。

使用器具
ローラー、ハケ、低圧スプレー(浸漬処理も可能)

施工上注意
施工される前に試験施工を行ってください。(素材により多少色が濃く仕上がる場合があります。)
磁器タイルや鏡面仕上の石材に塗布する場合、半乾燥状態時に水で絞った濡れウエスで充分ふき取ってください。
  表面結晶の原因となる場合があります。
ガラス、アルミ、植物、自動車などに付着しないよう注意してください。
塗布面が60℃以上の場合は、散水し表面温度を下げてから施工してください。
塗布後、降雨、降雪が予測される時は施工を避けてください。塗布量不足の原因となります。
塗布後の水かけテストは2~3日後に行ってください。塗布面が濡れ、吸水する時は、塗布量不足です。
作業中はゴーグル、マスク、ゴム手袋等を必ず着用してください。
安全上の注意事項
目に入った場合は速やかに清水で充分に洗浄し、状況に応じ医師の診断を受けてください。
皮膚に付着した場合は付着した部分を清水で洗い流してください。
保管は必ず栓、フタをして水分、埃が入り込まないようにしてください。又子供の手の届かないところに保管してください。
一度使用した本品を容器に戻さないでください。
使用後の容器は放置しないで内容物がないことを確認して、産業廃棄業者に委託して処分してください。

マクサムについてのお問い合わせはこちら